皮膚科でニキビ治療

2009年7月 3日 08:08 | コメント(0) | トラックバック(0)
ニキビは初期の段階でケアを行えばほとんどの場合、跡形もなく治すことが出来ます。
しかし、ケアをしても悪化してしまったり、何度も同じところ出来るニキビはやっかいなもので、なかなか治りにくく、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。
悪化してしまったニキビの治療は皮膚科で行うと良いでしょう。皮膚科でのニキビ治療にもさまざまな方法があります。
皮膚科でのニキビ治療は、生活習慣の改善をベースに行われます。食事の指導や洗顔の指導などがあり、正しい洗顔方法の指導を受けることが出来ます。
また内服薬や外用薬も処方されます。内服薬で体の内側から回復を助け、外用薬で毛穴に詰まった汚れを排出させやすくして、抗菌作用があるため回復を助ける作用もあります。
皮膚科でのニキビ治療は薬剤と食事指導、洗顔指導を丁寧に受けることが出来るので、悪化してしまったニキビには効果的と言えるでしょう。
他には、最近良く耳にするニキビの治療方法としてケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは、普段のお手入れで取り除くことが出来ない角質をはがすことで皮膚の再生を行うものです。ニキビやニキビ跡をきれいに治すことが出来る治療方法として注目されています。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

皮膚科でニキビ治療
皮膚科でのニキビ治療は、生活習慣の改善をベースに行われます。食事の指導や洗顔の指導などがあり、正しい洗顔方法の指導を受けることが出来ます。
肌荒れとニキビ
肌荒れとニキビは深い関わりがあります。肌が荒れた状態はニキビが出来やすくなります。肌荒れは、肌本来の機能が低下し抵抗力が弱くなっている状態で敏感肌になっていることが多いようです。
背中のニキビ
ニキビは顔以外のところにも出ることがあり、背中にニキビが出来たという経験がある方もいるでしょう。
頭皮のニキビ
頭皮も脂漏部位と呼ばれ、皮脂が多い場所のひとつでニキビが出る人もいます。頭皮の状態をチェックしている人は少なく、ニキビが出来やすい環境を知らないうちに作っている可能性があります。
大人のニキビ
大人のニキビは思春期のニキビと違い、治りにくく再発しやすいのが特徴です。ニキビは無理につぶすと跡が残ったりシミの原因になることもあるので、安易に考えてはいけません。
思春期のニキビ
思春期のニキビは体内でホルモンの働きが活発になり、皮脂が過剰に増えて毛穴を塞いだり汚れたりすることでアクネ菌が繁殖しニキビが発生しやすくなります。
ニキビとレーザー治療
ニキビ治療の方法に、レーザー治療があります。主にニキビ跡の治療として行われています。
ニキビとケミカルピーリング
最近はケミカルピーリングといって皮膚を再生させる治療を行っている所もあります。
ニキビ用化粧品
ニキビ用化粧水で人気の商品は、オルビスや草花木果です。ニキビ用化粧水の口コミで必ず名前が上がる商品で、実際に体験した人の声は宣伝よりも信頼性が高いと言えるでしょう。
ニキビ用スキンケアのプロアクティブ
ニキビ用スキンケア用品を扱っているプロアクティブは、口コミでも人気が高く、男女問わずニキビの改善に効果があるという声を聞くことが出来ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/603

コメントする