ニキビは初期の段階でケアを行えばほとんどの場合、跡形もなく治すことが出来ます。
しかし、ケアをしても悪化してしまったり、何度も同じところ出来るニキビはやっかいなもので、なかなか治りにくく、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。
悪化してしまったニキビの治療は皮膚科で行うと良いでしょう。皮膚科でのニキビ治療にもさまざまな方法があります。
皮膚科でのニキビ治療は、生活習慣の改善をベースに行われます。食事の指導や洗顔の指導などがあり、正しい洗顔方法の指導を受けることが出来ます。
また内服薬や外用薬も処方されます。内服薬で体の内側から回復を助け、外用薬で毛穴に詰まった汚れを排出させやすくして、抗菌作用があるため回復を助ける作用もあります。
皮膚科でのニキビ治療は薬剤と食事指導、洗顔指導を丁寧に受けることが出来るので、悪化してしまったニキビには効果的と言えるでしょう。
他には、最近良く耳にするニキビの治療方法としてケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは、普段のお手入れで取り除くことが出来ない角質をはがすことで皮膚の再生を行うものです。ニキビやニキビ跡をきれいに治すことが出来る治療方法として注目されています。